木枯らしの季節 その二十一 江戸幕末のオランダ人ーーヘルハルト・ライケン

幕末に来日してその後の日本の発展に寄与した三人のオランダ人を取り上げています。今回は二人目のヘルハルト・ペルス・ライケン(Gerhard Pels Rijcken)です。

220px-gcc_pels_rijcken_1860 pompekaikan nagasakinavaltrainingcenterオランダの海軍軍人のライケンは、幕府の軍艦建造の要望に基づきオランダ国王が幕府に寄贈した蒸気船スームビング号 (Soembing) の艦長であります。スームビング号は蒸気船で長崎海軍伝習所の練習艦となります。長崎海軍伝習所とは、幕府海軍士官の養成を目的としたものです。軍艦の操縦の他に造船や医学、語学などの様々な教育が行われたことが記録に残っています。

ライケンは大尉として1855年7月に長崎に到着し、スームビング号を幕府に引き渡します。この船はなぜか「観光丸」と名付けられます。幕府は同大尉以下22名の乗組員を教官として雇い入れ、長崎に海軍伝習所を開設します。教育班長となったライケンは正式なお雇い外国人として、二年間勝海舟らの幕臣や佐賀藩、福岡藩、熊本藩、鹿児島藩などの藩士に海軍の学科・技術などを教えます。また、オランダ海軍ピラール (J.C.Pilaar) の航海術書を教科書に用いて航海術に必要な基礎算術、代数、幾何、三角関数なども自ら教授します。藩士はオランダ語での教授をどこまで理解できたかどうか、はなはだ心配です。

次回紹介するメーデルフォールト(Johannes Pompe van Meerdervoort) は医学全般を教えます。これが日本における近代医学の始まりとなります。