木枯らしの季節 その十六 オランダ領ニューギニアと南進論

ヨーロッパ諸国、とりわけオランダの東方進出は日本にいろいろな影響を与えました。蘭学は言語、医学、航海技術、造船技術などなど当時としては先端的なことばかりだったはずです。地図の投影法であるメルカトル図法を創案したのは、オランダ人のメルカトル (Gerardus Mercator) です。1569年に彼は1.32×1.98メートルの世界地図を作ったというのです。大航海はこうして可能になりました。択捉島と得撫島をヨーロッパ人では初めて発見したのもオランダの探検家です。オランダが東洋に進出したのは、こうした科学技術に支えられた自由貿易と植民地支配という国家の方針にあります。その前衛となったのがオランダ東インド会社でした。

willem_blaeu_-_nova_totius_terrarum_orbis_geographica_ac_hydrographica_tabula c0011649_6113954 map_of_new_guinea_islandオランダによるインド西海岸の州であるゴア (Goa)、ジャワ島 (Java)、ニューギニア (New Guinea)などの植民地化は海上覇権を確立したことによります。当時の植民地化の考え方は、先住民が居住していてもいずれかの国が「先占する」ことで領土化するという原則です。しかし、20世紀以降、「先占の原則」は認められなくなりました。

領土権は国の方針の根幹に関わることです。「先占の原則」から「どのような民族が住んでいるか」へと変遷し、「領土の購入」という方法も生まれます。戦前、日本は南進論が盛んになり1934年にはオランダ領であったニューギニアを買収しようとする建議が起こります。さらに「委任統治」という方法もできます。1920年には国際連盟によってマリアナ諸島 (Mariana Islands)が日本の委任統治にはいります。それによりサイパン島 (Saipan) を中心に日本人によるサトウキビを中心とする糖業が盛んになります。沖縄から多くの人々が移住した地であります。ですがマリアナの原住民はチャモロ族 (Chamorro) であります。現在はアメリカの自治領(Commonwealth) となっています。

領有権のあるなしにかかわらず、A国がB国の土地に多数住むようになった場合、それを口実に、A国が自国の領土であると主張する可能性は大いにあります。マリアナの地に日本人が多数住むようになそれを口実に日本が終戦まで統治した経緯もこれにあたります。

北方領土問題に戻ります。かつて樺太はロシアと日本人が混住することで、互いに領土権を主張しないというで折り合いがつきました。千島列島のうち国後島や択捉島には日本人が住んでいたのですから日本固有の領土でありました。敗戦によってロシアが実効支配という植民地化時代のような帝国主義的な手法で支配を主張している現状は大いに憂うべきことです。

オランダの東洋進出は太平洋戦争によって終わります。インドネシア独立戦争を経て1949年にオランダはインドネシアの独立を認め、オランダ領だった西ニューギニア (West New Guinea) は1975年にパプアニューギニア (Papua New Guinea)として独立国となります。