文化の日を考える その八 ヘルシンキの白夜

1985年7月のことです。タラップを下りるとオランダ (Netherlands) 最大の都市アムステルダム(Amsterdam) の空港でした。乗り換えのためです。初めてのヨーロッパでした。静かな緊張が襲ってきました。田舎者の気分です。それを鎮めようと、空港のカフェに入りました。これからフィンランド(Finland) のヘルシンキ(Helsinki) へ向かうつかの間の待合時間です。田舎者を気づかれまいとして、できるだけのんびりと振る舞おうと気取るさもしい自分を感じました。会計を済ますと金髪の店員が「お金を落としましたよ」と英語で呼び止めてくれた。笑顔が印象的で、なにかこの旅はいいことがありそうな気がしました。

%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%b3 o0600078311032506175 4939_sub_027550aa9356cae44-45903077フィンランドの代名詞はスオミ-Suomi。フィンランド語もSuomiと呼ばれます。お隣スエーデン(Sweden) やロシア(Russia) の統治にあって、独立したのは1917年。その後も戦争はこの国を翻弄した。2007年5月、天皇陛下が訪問したバルト(Baltic)三国の一つ、エストニア(Estonia) は北海を挟んだ向こう側にあります。

ヘルシンキで泊まったのはダウンタウンに近い三流ホテル。カウンターには若い女性一人がテキパキと客をさばいています。ここには客の荷物を無理に運ぼうとするいんぎんなホテルボーイなどは宇なせん。部屋に入りテレビをつける。ポルノビデオをやっていました。この類のテレビ番組はアメリカでも見たことがありません。フィンランドとはこれほど性表現が自由な国なのかと考えました。

白夜 (White Nights) というものを始めた経験することになりました。シベリウス (Jean Sibelius) とフィンランディア (Finlandia) のことが思い浮かんできました。なにせ午後11時になっても外は明るいのです。窓からサッカーをする人を眺めながら、睡魔がくるのを待ちました。