留学を考える その60 ウェストヴァジニア州—Mountain State

ウェストヴァジニア州(West Virginia)は、合衆国東部の州でアパラチア山脈(Appalachian Mountains)中に位置し、山の州(The Mountain State)という愛称で知られています。ライセンスプレートにこのフレーズが見えます。すべての地域が山岳内にあります。州都で最大の町はチャールストン(Charleston)となっています。北部はペンシルベニア州(Pennsylvania)、北部及び西部はオハイオ州(Ohio)、西部はケンタッキー州(Kentucky)、北部及び東部はメリーランド州(Maryland)、東部及び南部はヴァジニア州(Virginia)と隣りあっています。ウエストヴァジニア州は南北戦争時の境界州の1つといわれます。州は北軍か南軍につくかで激しく分かれた経緯があります。

ウエストヴァジニア州は景観の良い渓谷うあ豊富な自然資源に恵まれています。にも関わらず合衆国の州の中で経済的に最も恵まれない州の一つです。アーカンソー州及びミシシッピ州に次いで、1人当たりの収入が3番目に低い州といわれています。さらに平均世帯収入は最低という数字となっています。国勢調査局のデータがそれを伝えています。ウェストヴァジニア州の4年制大学卒の人口の割合は15%であり、合衆国内で最低となっています。貧しい人口が多いことを示しています。

この州経済の主要な資源のひとつは石炭です。中小規模の石油及び天然ガスも開発されています。農業は狭い平野に限定されています。山岳地帯のウェストヴァジニアはヨーロッパからの移民が入ってくる前は、ネイティブアメリカンの狩猟の場だったようです。自然とは対照的に貧しさのアメリカを感じるところです。

グレート・スモーキー山脈国立公園(Great Smoky Mountains National Park)は多くのハイカーを引きつける場所です。1971年にジョン・デンバーの「Take Me Home, Country Roads」(故郷への道)という歌が大流行しました。この歌詞は、デンバーがこの州をドライブしたときのことをモチーフにしています。

Country Roads take me home
To the place I belong
West Virginia mountain momma
Take me home Country Roads

田舎道が俺を故郷へ連れて行く
俺が育ったところ
ウエストヴァジニアは母なる山
田舎道が俺を故郷へ連れて行く

私のウェストヴァジニア州ですが、家族とジョージアからウィスコンシンへU-Hallを引っ張って引っ越しするとき、Interstate 79を通り、モーガンタウン(Morgantown)という町を通りかかりました。工業地帯の寂れた町並みを思いだします。

istock_000026226554_full 500_10151622 WestVirginia