留学を考える その59 ワシントン州—The Evergreen State

ワシントン州(Washington)は、太平洋西岸北部に位置しています。東隣はアイダホ州(Idaho)、南部はオレゴン州(Oregon)、北はカナダのブリティッシュコロンビア州(British Columbia) となっています。州都はオリンピア(Olympia)。最大の都市はシアトル(Seattle)です。東海岸で合衆国の州都があるWashington, D.C.とは地理的に対極にあります。大きな都市は、 スポケーン(Spokane)、タコマ(Tacoma)などです。兵庫県加東市とオリンピアは姉妹都市となっています。実に不似合いなのです。私は加東市に10年あまり過ごしました。

ワシントン州は豊かな木材資源に恵まれています。モミ(Douglas fir)、松であるponderosaとか白松、トウヒ(spruce)、ヒマラヤ杉(cedar)などを産しています。果物の産地でもあります。リンゴ、梨、ラズベリー、チェリー、ネクタリン、アプリコット、葡萄の他、スペアミントやホップ、アスパラガス、ポテトなども採れます。カリフォルニアと同様にワインの産地でもあります。水産資源も豊かです。鮭やニジマスなどが知られています。

ワシントン州は農業だけでなく、航空機、ミサイル、コンピュータ、造船、通信、金属加工、精密機械、食品加工、食品流通などの産業も盛んです。ボーイング(Boeing)、マイクロソフト(Microsoft)、スターバックス(Starbucks)、コストコ(Costco) 、アマゾン(Amazon)などの本社があります。

戦前、日本から多くの移民が渡ったのがワシントン州です。移民の大半は森林業や水産業の労働者となりました。人種差別も根深く残る頃です。「ヒマラヤ杉に降る雪」(Snow Falling on Cedars)という小説が1995年に作られます。作家はデイヴィッド・グターソン(David Guterson)。1954年の冬、日系アメリカ人漁師カズオは同僚を殺害した第一級殺人容疑で罪に問われます。地元新聞記者は、カズオの容疑を晴らす可能性の高い証拠をつかみます。彼自身は、幼馴染でカズオの妻であるハツエとの過去の恋愛関係に対する感傷を抱いています。さらに日系アメリカ人への厳しい偏見と第二次大戦という強い背景によって、新聞記者は得た証拠をどのように扱うべきかを苦しみます。Snow Falling on Cedarsは1995年のフォークナー(William Faulkner)賞受賞作品です。この小説は1999年に映画化もされます。

2015-03-06-1425665894-5383144-William_Faulkner_1954_3_photo_by_Carl_van_Vechten William Faulkner
snow-falling-on-cedars  Snow Falling on Cedars2w5u3c7