留学を考える その57 ヴァジニア州–Mother of Presidents

ワシントンD.C.からポトマック川(Potomac River)を越えたところに位置するアーリントン郡(Arlington County)、そこからヴァジニア州(Virginia)は南西に広がります。イギリスから最初に独立した13州のうちの一つ。南北戦争では南部連合(Confederacy)に属して合衆国軍(Union)と戦いました。州都はリッチモンド(Richmond)となっています。チェスピーク湾(Chesapeake Bay)は大西洋に面し、あちこちに独立戦争の戦跡が国立公園として保存されています。

ヴァジニア州は正式にはThe Commonwealth of Virginiaと呼ばれます。植民地時代から地域が共通した目標である独立に向けて共に発展する意思を表しています。この州からは、歴代8名の大統領を送り出しています。George Washington, Thomas Jeffersonらです。そのために、「大統領の母なる地」(Mother of Presidents)とも言われるほどです。D.C.の対岸の州内にはアメリカ国防総省(Pentagon)やCIA本部、アーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery)もあります。

ウイリアムスバーグ(Williamsburg)は是非訪れたいところです。1690年代には植民地時代の首都でありました。1.5km x 1.5 kmのスペースに、入植当時に建てられた建造物はすっかり復元されて、植民地の面影を感じることができます。

ヴァジニア州フェアファクス郡(Fairfax County)の学校を何度も視察しました。フェアファクスはD.C.の隣で訪問に便利なこともあります。ヴァジニアは「Mother of Presidents」の名にふさわしい風格のある州です。美しい砂浜の海岸線やアパラチア山脈の谷間の街々、植民地時代や南北戦争の歴史で由緒のあるところです。空から見ると街々が森や木で覆われ豊かさを感じさせてくれます。

シェナンドー国立公園(Shenandoah National Park)は森と渓谷、ハイキングやキャンピングで知られています。ヴァジニア州のライセンスプレートはいろいろなデザインがあります。うっそうとした豊かな森や清流の自然や生態系を反映して、デザインには野鳥などを配置しています。次回にシェナンドー国立公園にまつわるエピソードを紹介します。

d0035607_23310100 University of Virginiaimg_publivy04 Colonial_Williamsburg_(3205781804) Williamsburg