アメリカの学校は今 その三十 一  子供を虐待から守る

dva_social_fs chinese_american_fishermen_b portland_oregon_in_1890今回も日本にはない学校を紹介しましょう。それは、父親から暴力を振るわれた子供が学ぶ学校です。最近日本でも家庭内暴力(Domestic violence: DV)によって子供が亡くなる悲しい出来事が報道され心が痛みます。アメリカでもこうした事例は多いのです。

西海岸オレゴン州(Oregon) のポートランド(Portland) という町で教育関係の会議がありました。1900年代、ポートランドのあたりは多くの日本人や中国人が入植したところです。漁業や林業に従事しました。ダウンタウンに近い河岸に、移民して活躍した日系アメリカ人を顕彰する立派な公園があります。

その会議の日程に地元の学校訪問が組まれていました。ある小さな学校に行きますと教室に案内されました。そこは家庭内暴力や虐待を受けた子供が学ぶところでした。すでに子供は帰ったあとでした。父親の暴力から母親と子供守るためにDVシェルター (DV Shelter) という特別の施設があるそうです。その場所は、父親にわからないような配慮がされているとのこと。子供たちも特別な車で送迎されています。

今も家庭内暴力は白人、黒人の別なく起こっています。地域の人が暴力の疑いがあるという通報をすると警察が調べに入ります。そして子供の安全のために隔離するのです。児童相談所の仕事ではありません。母親と共に安全に保護された子供は、父親にはわからないような学校で学習を始めるのです。こうした都市の学校は多様なニーズを有する多くの子供を教育しています。校長も教職員も大変な毎日のようです。