認知心理学の面白さ

心理学の歴史は長いのですが、東欧や西欧の人々、特にユダヤ系の人々が心理学の発展を支えてきた経緯が私の興味を引き立ててくれます。このシリーズでは20世紀から遡りながら認知心理学の発展を考えていきます。

20世紀の中葉にかかるとそれまでの心理学界に大きな変化が生まれます。当時の二つの流れであった精神分析的なアプローチと行動主義アプローチが認知心理学の考え方によって脅かされていきます。精神分析の分野では、それに代わるようなモデルは現れませんでした。精神分析の基本的な観念や無意識の研究は、その心理療法にも共通していたといえます。

しかし、それまでの心理療法に疑問を投げかけたのはアーロン・ベック (Aaron Beck)です。彼はロシア系ユダヤ人の移民の息子でした。精神分析療法は人の無意識を掘り下げ、今生じている疾患を解消しようとします。他方、認知療法は人々が自身の経験をどう知覚しているかを検討することを重視します。ベックの認知療法は、その知覚がどれほど歪んでいるかを人々が認識し、その状況を評価するうえでの最も合理的だ様々な可能性を秘めた考え方を見いだす助けを示します。例えば仕事で地方への転勤話を持ちかけられたとき、「単身赴任はいやだ、家族は反対する。」と否定的な考えを口にしがちです。状況が不安や不幸へと導くとされます。しかし、転勤話をもっと合理的に考える道は、たとえばそれを挑戦の時とか自分の能力を発揮する機会だ、と前向きにとらえるのです。

認知療法は精神科医であるヴィクトール・フランクル(Victor Frankl)などによって発展されます。彼はアウシュビッツ収容所を生き抜き「時代精神の病理学」、「夜と霧」の著作でロゴセラピー (Logotherapy) を提唱します。ロゴセラピーでは、人は実存的に自らの生の意味を追い求めており生活状況の中で「生きる意味」を充実させることが出来るように援助することといわれます。

最近の投稿

アメリカ合衆国建国の歴史 その63  1789年〜1816年の連邦政府と党の形成

新憲法の下での最初の選挙は1789年に行われました。ジョージ・ワシントン(George Washington) は全会一致で国の初代大統領に選ばれます。彼の財務長官であるアレクサンダー・ハミルトン(Alexander Hamilton)は、反連邦主義者の古い懸念に代わる明確な計画を提案します。1780年代初頭以来、国債は経済的理由と組合の接着剤として機能するゆえに、国債は「国の祝福」であると信じていたハミルトンは、新しい権力基盤を利用した人物です。彼は、連邦政府が旧大陸会議の債務を減価償却額ではなく額面で返済し、州政府ではなく中央政府に債権者の利益を引き寄せて州債務を引き受けることを推奨します。

Alexander Hamilton

この計画は、戦後の不況の間に大幅な割引で証券を売却した多くの人々や、債務を拒否し、他の州の債務を支払うために課税されることを望まなかった南部の州からの強い反対に会います。国務長官ジェファソン(Secretary of State Jefferson)の努力のおかげで、議会で妥協点に到達します。これにより、南部の州は、南部に近いポトマック(Potomac)に新しい国の首都の場所を修正するという北部の合意と引き換えに、ハミルトンの計画を承認しました。

ハミルトンが次にイングランド銀行(Bank of England)をモデルにしたアメリカ銀行を設立する計画を提案したとき、反対が起こり始めました。多くの人が、憲法はこのような権力を議会に伝えていなかったと主張します。しかし、ハミルトンは、憲法によって明示的に禁止されていないものはすべて黙示的権力の下で許可されているのだとワシントンを説得します。憲法解釈で厳格な構造主義者の考えとは対照的に、「緩い」解釈を取り入れるのです。銀行法は1791年に可決されます。ハミルトンはまた、時期尚早であるとされた初期の産業支援計画を提唱します。1794年に西ペンシルベニアで小規模のウィスキー課税への反対が起こりますが、連邦の収益を上げるウィスキー物品税を課しました。

John Jay

ハミルトンの財政政策に反対する党が議会で結成され始めます。マディソンを中心に、ジェファソンの支援を受けて、すぐに議会を超えて財政政策は人気のある支持者を広げていきます。一方、フランス革命とその後のイギリス、スペイン、オランダに対するフランスの宣戦布告は、アメリカとの忠誠心を分裂させていきます。民主共和党はフランスへの支持を表明するために立ち上がりますが、ハミルトンと彼の支持者である連邦主義者は経済的な理由でイギリスを支持します。ワシントンはヨーロッパでアメリカの中立国を宣言しますが、イギリスとの戦争を防ぐために、ジョン・ジェイ(John Jay)裁判長をロンドンに派遣して条約の締結を交渉します。ジェイ条約(1794年)では、アメリカはわずかな譲歩しか得られず、屈辱的ながらアメリカの海運を保護してもらうことの代償としてイギリス海軍の覇権を受け入れました。

  1. アメリカ合衆国建国の歴史 その62 「心の宗教」の衰退 コメントを残す
  2. アメリカ合衆国建国の歴史 その61 宗教的大覚醒(リバイバル) コメントを残す
  3. アメリカ合衆国建国の歴史 その60 社会革命 コメントを残す
  4. アメリカ合衆国建国の歴史 その59 憲法草案の議論 コメントを残す
  5. アメリカ合衆国建国の歴史 その58 連邦政府と州政府の権限 コメントを残す
  6. アメリカ合衆国建国の歴史 その57 憲法制定会議 コメントを残す
  7. アメリカ合衆国建国の歴史 その56 共和制の課題とシェイズの反乱 コメントを残す
  8. アメリカ合衆国建国の歴史 その55 各州の政治 コメントを残す
  9. アメリカ合衆国建国の歴史 その54 連邦制度と国家主権について コメントを残す