クルト・レビンとT-groups

この欄で社会心理学者のフェスティンガー(Leon Festinger) を紹介しました。彼の学術上の成果を生んだのは指導教官であったクルト・レビン(Kurt Lewin)です。彼もまたユダヤ人の家系です。ポーランドで生まれやがてベルリン大学 (University of Berlin)で学位をとります。

しかし、ナチスの政権掌握によりレビンなどユダヤ人の学者は大学から追放されます。1933年にアメリカに亡命し、その後はスタンフォード大学 (Stanford University) やコーネル大学(Cornell University)、アイオワ大学 (University of Iowa)で研究し始めます。やがてベルリンに残した家族もアメリカに呼ぼうとしたのですが、母親がユダヤ人収容所で亡くなったことを知ります。

専制型、民主型、放任型といったリーダーシップのスタイルや集団での意思決定の研究を「場の理論」(field approach) 基づいて進めます。我が国で1970年代に盛んにとり入れられたのが集団力学と訳されるグループダイナミックス(group dynamics)の実践で、特にリーダーの養成のアクションリサーチ(action research)として「Training-group」が使われました。企業や団体の指導者訓練で、理論的な考えをまとめた「A Dynamic Theory of Personality」という著作は特に知られています。

レヴィンはゲシュタルト心理学 (Gestalt Psychology)を人間個人だけでなく集団行動にも応用したことで知られています。集団内における個人の行動は、集団のエネルギー場、すなわち集団がもつ性質やどんな成員がいるのかといったことによって影響を受けると考え、これによりグループ・ダイナミックスが生起すると考えのです。グループ・ダイナミックスはやがて感受性訓練(sensitivity training)などにも応用され、臨床的分野へと広がっていきます。交流分析(Transactional Analysis)もグループにおけるセラピーの手法といわれ良いコミュニケーションを図るために用いられています。ゲシュタルト心理学については、後の心理学者のところで紹介することにします。

最近の投稿

ヨーロッパの小国の旅 その三十四 デンマークとアンデルセン童話

中世期頃からのデンマークの歴史です。11世紀初頭の30年間にはクヌート大王(Knut I the Great)が北海帝国(North Sea)として、デンマークとイングランドを統治します。1397年にデンマーク王母のマルグレーテ(Margrete I)によって、デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3ヶ国による、デンマークを盟主にしたカルマル同盟(Kalmaru Union)が結ばれます。

やがて海軍も強化し、宿敵であったハンザ同盟(Hanseatic League)を破って、バルト海の盟主にもなるのがデンマークです。ハンザ同盟とは、中世後期の北ドイツの都市による都市同盟で、バルト海沿岸地域の貿易を掌握し、ヨーロッパ北部の経済圏を支配していました。こうして、デンマークは北海からバルト海をまたぐ超大国となります。

第一次世界大戦ではデンマークは中立を維持しますが、第二次世界大戦では1940年にナチス・ドイツによって宣戦されると、国王クリスチャン10世(Christian Carl Frederik)は即座に降伏を選び、デンマークはドイツの占領下に置かれることになります。初期はモデル被占領国と呼ばれますが、クリスチャン10世は反ナチ運動家を保護し、民族主義およびナチス支配へのレジスタンス運動を支援し、したたかな政治家であったと後に評価されています。

Hans Christian Andersen

アンデルセン童話(fairy tales)でおなじみのアンデルセン(Hans Christian Andersen)の母国としてなじみがあります。「マッチ売りの少女」「みにくいアヒルの子」などの作家です。また、コペンハーゲンの有名な遊園地チボリ公園(Tivoli)は倉敷駅の北側に造られるほどです。

  1. ヨーロッパの小国の旅 その三十三 デンマーク コメントをどうぞ
  2. ヨーロッパの小国の旅 その三十二 スウェーデンと人々の暮らし コメントをどうぞ
  3. ヨーロッパの小国の旅 その三十一 スウェーデン コメントをどうぞ
  4. ヨーロッパの小国の旅 その三十 ノルウェーの地理やサーミ民族 コメントをどうぞ
  5. ヨーロッパの小国の旅 その二十九 ノルウェーとアムンゼン コメントをどうぞ
  6. ヨーロッパの小国の旅 その二十八 スナフキン コメントをどうぞ
  7. ヨーロッパの小国の旅 その二十七 ムーミン・トロール コメントをどうぞ
  8. ヨーロッパの小国の旅 その二十六 フィンランド その2 歴史 コメントをどうぞ
  9. ヨーロッパの小国の旅 その二十五 フィンランド その1 スオミ コメントをどうぞ