クルト・レビンとT-groups

この欄で社会心理学者のフェスティンガー(Leon Festinger) を紹介しました。彼の学術上の成果を生んだのは指導教官であったクルト・レビン(Kurt Lewin)です。彼もまたユダヤ人の家系です。ポーランドで生まれやがてベルリン大学 (University of Berlin)で学位をとります。

しかし、ナチスの政権掌握によりレビンなどユダヤ人の学者は大学から追放されます。1933年にアメリカに亡命し、その後はスタンフォード大学 (Stanford University) やコーネル大学(Cornell University)、アイオワ大学 (University of Iowa)で研究し始めます。やがてベルリンに残した家族もアメリカに呼ぼうとしたのですが、母親がユダヤ人収容所で亡くなったことを知ります。

専制型、民主型、放任型といったリーダーシップのスタイルや集団での意思決定の研究を「場の理論」(field approach) 基づいて進めます。我が国で1970年代に盛んにとり入れられたのが集団力学と訳されるグループダイナミックス(group dynamics)の実践で、特にリーダーの養成のアクションリサーチ(action research)として「Training-group」が使われました。企業や団体の指導者訓練で、理論的な考えをまとめた「A Dynamic Theory of Personality」という著作は特に知られています。

レヴィンはゲシュタルト心理学 (Gestalt Psychology)を人間個人だけでなく集団行動にも応用したことで知られています。集団内における個人の行動は、集団のエネルギー場、すなわち集団がもつ性質やどんな成員がいるのかといったことによって影響を受けると考え、これによりグループ・ダイナミックスが生起すると考えのです。グループ・ダイナミックスはやがて感受性訓練(sensitivity training)などにも応用され、臨床的分野へと広がっていきます。交流分析(Transactional Analysis)もグループにおけるセラピーの手法といわれ良いコミュニケーションを図るために用いられています。ゲシュタルト心理学については、後の心理学者のところで紹介することにします。

最近の投稿

心に残る名曲 その百六十九  ジョン・バリーと007

ジョン・バリー(ohn Barry)はイングランドのヨーク市(York)で生まれた映画音楽の作曲家です。100本以上の映画やテレビ劇などの曲を作っています。

特にイアン・フレミング(Ian Fleming)のスパイ映画、ジェームス・ボンド(James Bond)作品と音楽は知られています。ジェームス・ボンドはイギリス秘密情報部(MI6) の工作員。超人的なスパイです。「ロシアから愛をこめて」(From Russia with Love)、「ドクター・ノオ」(Doctor No)、 「007ゴールドフィンガー」(Goldfinger)、「007サンダーボール作戦」(Thunderball)、「女王陛下の007」(On Her Majesty’s Secret Service)、「007は二度死ぬ」(You Only Live Twice)などの名作のサンドラトラックを作ります。

ジョン・バリーの作風を評して「神の手を持つ」などとも云われることがあります。豪華なオーケストレーションで知られ、旋律も親しみやすいのが特徴です。スクリーン上で興奮を高めるようなメロディで007を音で描いています。

  1. 心に残る名曲 その百六十八 ヘンリー・マンシーニ 「Exodus」 コメントをどうぞ
  2. 心に残る名曲 その百六十七 モーリス・ジャール 「Lara’s Theme」 コメントをどうぞ
  3. 心に残る名曲 その百六十六  ディミトリー・ティオムキン 「High Noon」 コメントをどうぞ
  4. 心に残る名曲 その百六十五 リチャード・ロジャーズ 「The King and I」 コメントをどうぞ
  5. 心に残る名曲 その百六十四  バート・バカラック 「That’s What Friends Are For」 コメントをどうぞ
  6. 心に残る名曲 その百六十三  エルトン・ジョン 「Your Song」 コメントをどうぞ
  7. 心に残る名曲 その百六十二 ジェイムズ・ポール・マッカートニ 「Hey Jude」 コメントをどうぞ
  8. 心に残る名曲 その百六十一 ジョン・レノン 「Imagine」 コメントをどうぞ
  9. 心に残る名曲 その百六十 アンドルー・ウェバー 「Evita」 コメントをどうぞ