クルト・レビンとT-groups

この欄で社会心理学者のフェスティンガー(Leon Festinger) を紹介しました。彼の学術上の成果を生んだのは指導教官であったクルト・レビン(Kurt Lewin)です。彼もまたユダヤ人の家系です。ポーランドで生まれやがてベルリン大学 (University of Berlin)で学位をとります。

しかし、ナチスの政権掌握によりレビンなどユダヤ人の学者は大学から追放されます。1933年にアメリカに亡命し、その後はスタンフォード大学 (Stanford University) やコーネル大学(Cornell University)、アイオワ大学 (University of Iowa)で研究し始めます。やがてベルリンに残した家族もアメリカに呼ぼうとしたのですが、母親がユダヤ人収容所で亡くなったことを知ります。

専制型、民主型、放任型といったリーダーシップのスタイルや集団での意思決定の研究を「場の理論」(field approach) 基づいて進めます。我が国で1970年代に盛んにとり入れられたのが集団力学と訳されるグループダイナミックス(group dynamics)の実践で、特にリーダーの養成のアクションリサーチ(action research)として「Training-group」が使われました。企業や団体の指導者訓練で、理論的な考えをまとめた「A Dynamic Theory of Personality」という著作は特に知られています。

レヴィンはゲシュタルト心理学 (Gestalt Psychology)を人間個人だけでなく集団行動にも応用したことで知られています。集団内における個人の行動は、集団のエネルギー場、すなわち集団がもつ性質やどんな成員がいるのかといったことによって影響を受けると考え、これによりグループ・ダイナミックスが生起すると考えのです。グループ・ダイナミックスはやがて感受性訓練(sensitivity training)などにも応用され、臨床的分野へと広がっていきます。交流分析(Transactional Analysis)もグループにおけるセラピーの手法といわれ良いコミュニケーションを図るために用いられています。ゲシュタルト心理学については、後の心理学者のところで紹介することにします。

最近の投稿

世界を旅する その十一 ポーランドと日本の移民の歴史

19世紀中葉にかけては、アメリカ合衆国への移住者が最も多い時期です。英語以外の言語を母国語とする人々のうち、ドイツ系、イタリア系の人々に次いで多いのがポーランド移民です。1960年代には637万人がポーランド系と推定され、そのうち75万人がポーランド生まれといわれます。

こうした移民の特徴は、ポーランドにおける政治や経済の不安定、農業形態や経済構造の変化にともなう農村部を中心とする余剰労働力の増加という事情が指摘されています。ポーランドからの海外への移動は「出稼ぎ」ではなく「定住」という移民形態でありました。それゆえ家族を同伴した移動が主流でありました。

我が国における移民の歴史にも触れることにします。最初の移民は、1868年で、当時スペイン領であったグアム島(Guam)へ農業移民42人が渡ります。これは「出稼ぎ」でありました。ハワイへ(Hawaiʻi)の移民も1868年に始まります。横浜在住のアメリカ商人で元駐日ハワイ総領事のバンリード(Eugene Van Reed)が斡旋した「出稼ぎ移民」で150人の日本人労働者をハワイのサトウキビのプランテーションへ送りだします。

1885年には、ハワイ王国(Kingdom of Hawaiʻi)との間で 結ばれた「移民条約」によってハワイへの移民が公式に許可され、946人の日本人が移民します。さらに沖縄からは、1899年に26人がハワイのサトウキビ農場へ「出稼ぎ移民」として渡ります。

少しさかのぼり、1880年代よりカリフォルニア(California)に日本人移民が渡り、 1900年代に急増します。1905年には 約11,000人がハワイへ、1920年に 6,000人がアメリカへ移住します。日米開戦当時、アメリカ本土には日系1〜3世含めて約128,000人が住み、そのほとんどがカリフォルニア州を中心にオレゴン(Oregon)、ワシントン(Washington)といった太平洋岸の州に住んでいました。

  1. 世界を旅する その十 ポーランド人の移民 コメントをどうぞ
  2. 世界を旅する その九 ポーランドと日本 魂の救済 コメントをどうぞ
  3. 世界を旅する その八 ポーランドと日本 日本文化研究 コメントをどうぞ
  4. 世界を旅する その七 ポーランドと日本 「灰とダイヤモンド」 コメントをどうぞ
  5. 世界を旅する その六 ポーランドと日本 アンジェイ・ワイダ コメントをどうぞ
  6. 世界を旅する その五 ポーランドと日本 分割から連帯へ コメントをどうぞ
  7. 世界を旅する その四 ポーランドと日本 「戦場のピアニスト」 コメントをどうぞ
  8. 世界を旅する その三 ポーランドと日本 コペルニクスと地動説 コメントをどうぞ
  9. 世界を旅する その二 ポーランドと日本 ヨハネ・パウロ二世 コメントをどうぞ