クルト・レビンとT-groups

この欄で社会心理学者のフェスティンガー(Leon Festinger) を紹介しました。彼の学術上の成果を生んだのは指導教官であったクルト・レビン(Kurt Lewin)です。彼もまたユダヤ人の家系です。ポーランドで生まれやがてベルリン大学 (University of Berlin)で学位をとります。

しかし、ナチスの政権掌握によりレビンなどユダヤ人の学者は大学から追放されます。1933年にアメリカに亡命し、その後はスタンフォード大学 (Stanford University) やコーネル大学(Cornell University)、アイオワ大学 (University of Iowa)で研究し始めます。やがてベルリンに残した家族もアメリカに呼ぼうとしたのですが、母親がユダヤ人収容所で亡くなったことを知ります。

専制型、民主型、放任型といったリーダーシップのスタイルや集団での意思決定の研究を「場の理論」(field approach) 基づいて進めます。我が国で1970年代に盛んにとり入れられたのが集団力学と訳されるグループダイナミックス(group dynamics)の実践で、特にリーダーの養成のアクションリサーチ(action research)として「Training-group」が使われました。企業や団体の指導者訓練で、理論的な考えをまとめた「A Dynamic Theory of Personality」という著作は特に知られています。

レヴィンはゲシュタルト心理学 (Gestalt Psychology)を人間個人だけでなく集団行動にも応用したことで知られています。集団内における個人の行動は、集団のエネルギー場、すなわち集団がもつ性質やどんな成員がいるのかといったことによって影響を受けると考え、これによりグループ・ダイナミックスが生起すると考えのです。グループ・ダイナミックスはやがて感受性訓練(sensitivity training)などにも応用され、臨床的分野へと広がっていきます。交流分析(Transactional Analysis)もグループにおけるセラピーの手法といわれ良いコミュニケーションを図るために用いられています。ゲシュタルト心理学については、後の心理学者のところで紹介することにします。

最近の投稿

旅のエピソード  その51 サラダの注文とチップ

旅の楽しみはなんといっても夕食の時間です。一行の大学院生とで何を食べようか、どこの店に入ろうかと相談します。宿のフロントでいくつかの店を紹介してもらいます。宿の近くにはこじんまりとしたレストランがあるものです。さしずめファミリーレストランのような雰囲気です。いわゆる典型的なアメリカンフードを提供する店です。値段も安く安心して入れます。

アメリカンフードに定義はありません。西部にいきますとメキシコ料理、東部ではイタリア料理、南部ではフランス料理という具合に、多様な食文化が定着しています。共通しているグルメといえばサンドイッチとかハンバーガーでしょうか。サンドイッチは、トーストしたパンにたっぷりの具材を挟んだクラブハウスサンドが一般的です。3枚のパンを使い、具材を二段重ねにするのが主流で、崩れないよう上から爪楊枝などで留めるほど分厚いのが特徴です。ハンバーガーは、肉は牛肉100%と決まっています。あとは好みでチーズやレタスなどの野菜をのせて食べるのが一般的です。

次ぎにステーキです。アメリカのステーキは価格も手頃でカジュアルに食べられるお店が多いのが特徴です。観光客でも気軽にステーキを楽しめます。またアメリカの牛肉は脂質が少なく、日本の肉ほど胃もたれせずにすむのも特徴です。付け合わせにポテトや蒸し野菜をのせるでけでも十分なボリュームです。

さて、レストランでの一つのエピソードです。店に入るとウエイトレスがにこやかにやって来て席に案内してくれます。そしてやおら、メニューを一人ひとりに渡し、しばらくして注文をとりにやってきます。一緒の院生の一人は50歳くらいの方で、英語は苦手のようです。ウエイトレスは、「本日のお勧めは、、、、」といって説明してくれます。この説明は微に入り細に入りで、私でも全部を理解できないくらいです。この院生は「もう一度お願いします」と頼みます。ウエイトレスは、初めから詳細に説明してくれます。こちらの英語の理解力などは無視して、早口なのです。院生は再度「済みません、もう一度ゆっくりとお願いします」。

ウエイトレスは客に親切に対応しないと食事後のチップに響きますので、三回目の説明を始めます。そこで私の出番で通訳するとようやく注文ができます。前菜はサラダです。ドレッシングはなににするのかで、またまたちんぷんかんの対話となります。種類が多いのでなにがよいかがわからないのです。まさか「和風ドレッシング」というわけもいかず、知っていたイタリアン、フレンチということで落着します。ステーキの焼き具合には上手く対応できて、やれやれとなります。アメリカは「サラダボウル」とも形容されるほどです。

  1. 旅のエピソード その50 「モスクワの空港と税関」 コメントをどうぞ
  2. 旅のエピソード その49 「北投温泉とカラオケ」 コメントをどうぞ
  3. 旅のエピソード その48 「ジョージアからウィスコンシンへ」 コメントをどうぞ
  4. 旅のエピソード その47 「U-Hall」 コメントをどうぞ
  5. 旅のエピソード その46 「ニシンと窓口のイチゴ」 コメントをどうぞ
  6. 旅のエピソード その45 「ロンドンの駅にて」 コメントをどうぞ
  7. 旅のエピソード その44 「天井画から考えたこと」 コメントをどうぞ
  8. 旅のエピソード その43  「シカゴ美術館で知人とばったり」 コメントをどうぞ
  9. 旅のエピソード その42 「空が広い」 コメントをどうぞ