認知的行動変容

少し古い話に戻ります。1960年代、アメリカでは一時ティーチングマシン(teaching machine)が学校で流行ったことがあります。それを日本の教育工学会の学者が踊らされておじゃんとなりました。コンピュータ上のドリル学習が紙のワークシートに置き換わっただけでした。行動主義理論とプログラム化された学習教材が結びつき、子供の学習で正答には褒美を与えて学習の効果を上げようとするものです。日本教育工学会というところは新しいものに飛びつくのが大好きです。行動主義心理学者のジョン・ワトソン(John Watson)や行動分析学者バラス・スキナー(Burrhus Skinner)の影響を引きずって学会活動は学校になんの役にもたたず無残な結果に終わりました。

人間の行動が道具的条件づけと呼ばれるオペラント(operant) と環境との関わりによって形成され維持され、また抑制されるというスキナーの研究は、子供の学習にも大きな影響を及ぼし、応用行動分析の礎石となりました。しかし、複雑な人間の存在を行動とその環境の記述に限定することへの批判が高まるのは当然でした。人間を情報処理機械とみなしてその知的機能をモデル化する研究が始まり、既述したクラーク・ハル(Clark Hull)らが提唱する人間の内的過程の解明が進みます。

人間の心や情感などの仕組みをモデル化して、そこから行動を説明するような発想をしたのがハルです。彼は、目に見える行動ではない人間の内側で起きている心とか感情の働きを分析できると唱えます。これは方法論的行動主義と呼ばれ、革命的なできごとと賞賛されました。こうして、ティーチングマシンは完全に廃れ、いかに子供の学習の動機付けを内側から持続させたり高めたりできるかというテーマに関心が移っていきます。ドリル学習といえばフラッシュカードもその類です。ただ、知識の習得では暗記も必要です。暗記したことをつなぎ合わせて、少しずつ全体を見渡せるかが学習の成果につながります。

マイケンボウム(Donald Meichenbaum)というカナダの研究者は、言語行動とか言語共同体という視点から「心」や「意識」の意味を問い直すという作業をしたことで知られています。人間の記憶と想起、内言語を介在させて自分を行為を強化する手段を強調したのです。これは人間の内観を明らかにするような手法ともいえます。

最近の投稿

心に残る名曲 その百六十九  ジョン・バリーと007

ジョン・バリー(ohn Barry)はイングランドのヨーク市(York)で生まれた映画音楽の作曲家です。100本以上の映画やテレビ劇などの曲を作っています。

特にイアン・フレミング(Ian Fleming)のスパイ映画、ジェームス・ボンド(James Bond)作品と音楽は知られています。ジェームス・ボンドはイギリス秘密情報部(MI6) の工作員。超人的なスパイです。「ロシアから愛をこめて」(From Russia with Love)、「ドクター・ノオ」(Doctor No)、 「007ゴールドフィンガー」(Goldfinger)、「007サンダーボール作戦」(Thunderball)、「女王陛下の007」(On Her Majesty’s Secret Service)、「007は二度死ぬ」(You Only Live Twice)などの名作のサンドラトラックを作ります。

ジョン・バリーの作風を評して「神の手を持つ」などとも云われることがあります。豪華なオーケストレーションで知られ、旋律も親しみやすいのが特徴です。スクリーン上で興奮を高めるようなメロディで007を音で描いています。

  1. 心に残る名曲 その百六十八 ヘンリー・マンシーニ 「Exodus」 コメントをどうぞ
  2. 心に残る名曲 その百六十七 モーリス・ジャール 「Lara’s Theme」 コメントをどうぞ
  3. 心に残る名曲 その百六十六  ディミトリー・ティオムキン 「High Noon」 コメントをどうぞ
  4. 心に残る名曲 その百六十五 リチャード・ロジャーズ 「The King and I」 コメントをどうぞ
  5. 心に残る名曲 その百六十四  バート・バカラック 「That’s What Friends Are For」 コメントをどうぞ
  6. 心に残る名曲 その百六十三  エルトン・ジョン 「Your Song」 コメントをどうぞ
  7. 心に残る名曲 その百六十二 ジェイムズ・ポール・マッカートニ 「Hey Jude」 コメントをどうぞ
  8. 心に残る名曲 その百六十一 ジョン・レノン 「Imagine」 コメントをどうぞ
  9. 心に残る名曲 その百六十 アンドルー・ウェバー 「Evita」 コメントをどうぞ